Okamura2019 フェア 「トライブ」〜最高の成果を生みだすチームへ〜

先日、東京・赤坂で開催された、Okamura2019年のフェアに弊社も参加し、お客様をお連れしました! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モザイク多めですみません!(笑)

 

2019年、Okameraが掲げるのが「トライブ」!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トライブそれは社員一人ひとりが個性を存分に発揮しながら、部署や世代の壁を超えて、縦横無尽につながり、刺激しあい、イノベーティブな成果を生み出す、最強の働き方。(Okamura HPより)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABWというオフィスの考え方があります。

 

ABWはActivity Based Workingといい、ヨーロッパから広まった、

時間と場所を自由に選択できる新しいオフィスの考え方。

 

オフィス改装でも、この考え方を取り入れ、個人が集中できるスペースを作ったり、配置を変えることで、個人の主体性や、仕事の質が向上した、と言われています。

 

一方で、組織として、連携が取りづらくなった、、という声もあるようです。

 

 

そこで、個人の主体性チームの一体感をかけ合わせ、

個人とチームがともに成長できる空間づくりを行うことで、組織を「トライブ」化して行こうという提案なのです

 

               「個人」が主体的に働く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           ✖️

 

           「チーム」として一体感を持って働く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかでも個人的に面白いなと思ったのが、

BUSHITU部室。という拠点。

 

まさに「部室」のように、メンバーが気軽に立ち寄り、交流できる場です。

 

部室といえば、、お菓子が置いてあったり、マンガが置いてあったり、、なんだか懐かしい青春の1ページが思い出されますが(笑)、まさにそれとは近からず遠からずなオリジナリティー溢れる場所に、場が育っていくのも興味深いですね。

 

Okamuraショールームもご案内させていただきますので、

ぜひ、お気軽にお声がけください!!